全国炭酸泉湧出市町村等
連絡協議会とは

 この会は、「炭酸泉」を有する全国各地の温泉地及び調査研究機関、大学との連携を図り、
エビデンス調査結果や地域振興などのノウハウを共有し、温泉力を活かした
予防医療・健康づくりと新たな観光振興を図ることを目的としています。
協議会の会員は、炭酸泉湧出自治体、大学及び調査研究機関、温泉事業者、観光協会、旅館組合等で構成されています。

事業について

上記の目的を達成するために、
下記の事業を行ないます。
  • 炭酸泉のエビデンス調査の共有と情報交換。
  • 温泉資源を活かした地域振興策に関して相互協力
  • 情報発信、研修会に関すること。
  • その他推進に必要な事項に関すること。

会長あいさつ

会長 竹田市長 首藤勝次

全国炭酸泉湧出市町村等連絡協議会
会長 竹田市長 首藤勝次

首藤勝次

  “温泉新時代を拓く―”を合言葉に、全国の湧出地との連携を深め、炭酸泉の温泉力を活用した「新たな価値」、「健康で快適な人々の暮らし」を創造するため、2017年11月に「全国炭酸泉湧出市町村等連絡協議会」を発足させていただきました。

 協議会の発足にあたり、多くの自治体や環境省、厚生労働省をはじめとする関係機関にご賛同をいただき、改めて御礼申し上げます。

 少子高齢化に伴う医療費の増大に直面する現代にあって、如何に炭酸泉が有用であるか? そのことについて、医科学的なエビデンスに基づきながら共有・発信し、国民がその有用性を取り入れやすい環境を整えていくことが我々の使命であると考えています。さらには、「湯治」や「飲泉」、「湯巡り」に代表される温泉地独自の文化・強みを活かし、滞在・域内経済循環を促進することで、温泉地自体の発展を目指します。

 温泉を愛する全ての方に、本協議会の活動に対するご理解とご支援を賜りますことをお願い申し上げ、挨拶とさせていただきます。

参画自治体(温泉)

会 長/竹田市長 首藤 勝次
副会長/金山町長 長谷川 盛雄
北海道登別市
上登別
北海道浜頓別町
浜頓別
山形県大蔵村
肘折
福島県金山町
玉梨/八町/大塩
福井県池田町
渓流
福井県勝山市
勝山
長野県小海町
稲子湯
長野県箕輪町
みのわ
岐阜県下呂市
小坂温泉郷(湯屋/下島)
京都府笠置町
笠置
兵庫県川西市
石道
大分県豊後高田市
六郷
大分県九重町
筌ノ口
大分県姫島村
拍子水
宮崎県西都市
西都
大分県竹田市
長湯/七里田
長野県佐久市
初谷
島根県飯南町
頓原
福岡県みやま市
新船小屋温泉郷(長田)